Home > リレートーク

リレートーク Archive

【リレートーク】「模擬議会授業から見えてくるもの」

佐藤丈晴(ぼらんたす会員)

 毎年、酒田市立十坂小学校第6学年の社会科の授業のお手伝いをしています。「みんなの願いを実現する政治」という社会科の単元のお手伝いで、5年ほど前に地元の小学校から依頼がありました。
 当初は市議会を見せてほしいということでしたが、議会の開会中に傍聴に来てもわけもわからないだろうと、2年目からは「模擬議会」の形式で行なっております。十坂小学校では、これまで周囲にあるクロマツ林の枝打ちなどのボランティア活動や歴史などを学んでおり、模擬議会は、架空のとさか市のとさか市議会でクロマツ保全条例を制定するという内容で進めています。
 市民の参画を得てクロマツを保全するという条例案には賛成するという賛成派、クロマツ林はそもそも公共のもので行政が管理すべきという反対派、児童のみなさんはそれぞれ自分たちが行なってきた活動をとおして、条例案を見つめ、活動の中から感じたことなどを合わせて考え、最終的な条例案の採決には、自分自身の考えで賛否を表明するよう指導しています。
 今年の模擬議会は、賛成多数で条例案は可決成立しましたが、この賛否については、例年同じとは限りません。その年によって、クロマツの保全活動が少なかったかなと思われる学年の時は反対派が多数を占め、活動が活発な学年は賛成派が多数を占める。ほんとうに子どもたちは純粋に活動を見ているなと感じる場面です。
 『ボランティア』という言葉が一般化した今、次代を担う子供たちにどのような活動の場を創出していくのか、私たち大人が試されているのではないかと考える今日この頃であります。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【リレートーク】「われらはボランティアという表現で個性を発揮しよう」

奥山賢一(庄内町)

 う~む。リレートークへの寄稿を頼まれた。女性に依頼されると断れない弱気な性格。ボランティア達人の皆さんが書いた過去文を読んで更に気持ちが重くなる。冬の鳥海山的白髪風気分+吹くなら吹け、庄内の地吹雪的気分?
 振り返れば意識して世のため人のためとか考えながら何かをやって来た訳ではない。宇宙の中心は我がふるさとか?と勘違いして、ひたすら愉快に(実は泣きながら)、軽く(実は重い気持ちを引きずって)、したたかに(実は怖がって)、どうだこれでもか(文句あっか)的活動の連続だったような気がする。
 何と言うか、宮澤賢治の「農民芸術概論綱要」のように…
 曰く「正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じていくことである。われらは世界のまことの幸福を索ねよう…(中略)…個性の優れる方面に於て各々止むなき表現をなせ…(中略)…われらに要るものは銀河を包む透明な意志、巨きな力と熱である…」ってか。
 個性の優れる方面、これボランティアかな~。各々止むなき表現をなせ、これ自分の意志で行動をせよと言うことだよね~?などと、勝手な解釈をしながら「出る杭は打たれるが出すぎた杭は打ちにくい」と開き直り、まあ、何とかなるでしょ的ポジティブな気持ちで、これからも頑張ることになるでしょう。エイエイウォー!!
 最近の世の中、勝ち組と負け組、有効と無駄、得と損。そんな「ものさし」で一杯。所詮、人生一度きり。せめて我が周辺は、仲間と一緒に美味しいお酒に酔いしれて、酒仙のような感動の二日酔いに満たされたいと願う今日此頃です。
 私は本当は超真面目なんですが、度が過ぎると疲れるのでパロってみました。
 最後に滅茶苦茶な漢字文1つ。栗原氏依頼 我快諾会員 真感激的喜 祈隆盛万歳。
 おそまつ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > リレートーク

楽屋(貸館・カフェ・講座・生活支援)

ぼらんたすのブログ

ぼらんたすの活動報告

イベント:みんな違ってみんないい


やまがたこころげんきサイト

こころ元気PJ


がんばろう東北!::東日本大震災関連情報をお伝えしています


講師派遣

ご入会の申込みはこちら

空色ストア
身体と環境にいいものづくりを目指す地元農家より
新鮮な商品をお届けします!

リレートーク

COCOサロン庄内

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Return to page top