地元を見直す(2)

なんで佐渡なんですか?

庄内浜は釣りのメッカ・・・

 庄内浜というと、実は釣りの、特に黒鯛釣りの本場である。
秋の休日ともなれば、これはと思われる岩場には、必ず釣り人が立っている。
県内はもとより、宮城県や遠くは福島県等から釣り人が訪れる。
釣りに関する書籍等でも度々取り上げられている。
地元の努力もある。
黒鯛の稚魚を毎年放流する。海水の温暖化や磯焼け等の環境の変化はあっても、磯釣りを
する人の数は多分全国有数だろうと思われる。(統計は無いが)
そして秋田県や新潟県にも庄内ナンバーの車は進出している。
西田敏行、三國連太郎主演の『釣りバカ日誌』でも取り上げられたが、庄内の釣りは、
庄内藩の方針で奨励された面もあり、単なる趣味を超えているところにその根源がある。
私はどうか・・・。そこまではいかないが、勿論地元でも釣りはします。
(回数は少ないんですが)
佐渡の釣りは、私にとってはあくまでストレス解消のため。
しかし、佐渡の魚影が濃いことも事実で、行く人の思惑は人それぞれということでしょうか・・・・。

(理事 岩浪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください