5年ダイアリーの効用?

昨年までは・・・

3年のビジネスダイアリーを使っていた。
現役の時は、年度(4月~3月)のものを多用した。
多分、現役の時は、直近の予定と実際に何をしたのかが
あればこと足りたということだろう。

サンデー毎日になって10年。
これから何をするかという予定と同時に
昨年は何をしていたかがあった方が便利なことがわかってきた。
ここ何年か、
同じ時期に何をしたかがわかるとなお、便利だと言うことも!!

それが何年前まであったらいいのか?
3年では不便なのか。
という確たる思いはない。
3年でも、5年でも大差はないのではないかと思ってはいる。

では、なぜ3年から5年にしたのか?
多分日野原さんの存在が微妙に影響しているのではないかと考えている。
現在100才に近く、
なお、10年日記を使用する日野原さんは、ある意味目標としたい人物である。

私自身は、100才はおろか、80才までも希望していないが、
75才までは元気でいたいというのがささやかな希望で、
5年日記が山菜とか、釣りで埋まれば希望成就である。

効用に期待しよう。

(理事 岩浪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください