Home > ブログ > 魚拓の始まりは・・・?

魚拓の始まりは・・・?

学校給食がどこではじまったのか?

知っている人はそんなに多くない。
それは、現在実施されている内容が問題であり、
いつ、どこで
始まったかは、ほとんど関心が持たれないからだろう。
私自身もどこで始まったかに強い関心があるわけではない。

私にとっての釣りのシーズンが間もなく始まる。
平成15年の夏、佐渡で54cmの黒鯛を釣った。
それが写真と魚拓で残されている。
魚拓は、写真のない時代には、記録として貴重なもので
写真全盛の現在は、文化、芸術として生き続けている。

その魚拓が、学校給食と同じく、ここ庄内で始まったという。

庄内での釣りは、娯楽、趣味ではなく、武芸の一環として
庄内藩主が奨励し広まったのだという。
獲物の黒鯛は、武芸の戦果のひとつである。
城下から海まで、山越えの道で20kmほど。
庄内竿と言われる竹竿をかついで、夜中に歩き出す。
釣れるのは早朝。
一番良いポイントを占めるための努力で、
釣り場に立てば大物を狙って非常に重い庄内竿を振る。

現在は、車でどこまでも行く。竿もカーボンで軽くなった。
私自身は、釣りはストレス解消のためと思い定めていて
魚拓をとるような大物を釣る気はあまり無い。
とは言え、
結果とし魚拓をとりたいと思えるような魚が
釣れればなお幸いである。

(理事 岩浪)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://voluntas-npo.com/2010/03/11/5589/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
魚拓の始まりは・・・? from ぼらんたす:山形県鶴岡市ボランティアNPO法人

Home > ブログ > 魚拓の始まりは・・・?

楽屋(貸館・カフェ・講座・生活支援)

ぼらんたすのブログ

ぼらんたすの活動報告

イベント:みんな違ってみんないい


やまがたこころげんきサイト


がんばろう東北!::東日本大震災関連情報をお伝えしています


講師派遣

ご入会の申込みはこちら

空色ストア
身体と環境にいいものづくりを目指す地元農家より
新鮮な商品をお届けします!

リレートーク

COCOサロン庄内

ボランティアコーディネーション力検定

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Return to page top