「風っこの会」40周年記念・・・(^O^)/

2010.5.30(日)

昭和45年4月から活動を始めた
「風っこの会」の記念公演と祝賀会がありました

記念公演の『人形劇フェスティバルin酒田』は
酒田市総合文化センターで
東京、米沢、東根、山形市で活動している人形劇団の
皆さんも出演しての楽しいフェスティバルでした

会場に居た沢山の子どもたちが
人形の問いかけに、大きな声で答えている姿は
ほほえましく
人形の力は絶対!です

(そう言えば、うちの子ども達も小さな頃は
人形劇に夢中になっていました)

フェスティバル終了後
酒田市のコメットで 『祝賀会』が開催され
参加させていただきました

主催者あいさつ、祝辞の中に
40年の歴史や、様々な事柄、関わった多くの人たちの事が
語られていました

風っこの会の設立目的が、人形劇を通して、障がい者の自立や
ノーマライゼーションの実践とあります

今でこそ、ノーマライゼーションやボランティア活動などは身近な言葉になっていますが
40年前にすでに始めていたのです!

祝辞の中に「先駆性と継続性」の言葉がありました
「与えられるより、与える喜び」を知りという言葉もありました

40年休まず活動を続けるということを
(美味しいごちそうをいただきながら)
その重みと偉大さに
あらためて
感動しました!

(kurihara)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください