童謡詩人 金子みすゞの詩

最近ACのコマーシャルで

童謡詩人 金子みすゞの「こだまでしょうか」 が繰り返し流れています

『こだまでしょうか』

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
 
「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。
 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。
 
こだまでしょうか、
いいえ、だれでも

私達の「みんな×3」Vol.2の
「みんな違って、みんないい」は金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」から
きています
そして+「・・・みんな一緒!」

「みんなが違うこと」「みんないい」「みんな一緒」の心を広めていきたいと思っています

『私と小鳥と鈴と』 
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速くは走れない。
 
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんの唄は知らないよ。
 
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

(ぼらんたす くりはら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください