ほっとはしていますが・・・(^_^;)

一泊ドックを経験

朝7時50分頃人間ドック室に到着。
8時15分頃まで来てくださいという文書で私が26番目。
1番目は何時到着だったのか?
多分定員が30名。
1日ドックが25名で1泊が5名。

いろいろの事情があるのだろうが、ドック受診者が年々増え続けている。
最初にドックを受診したのが多分15年前位。
その頃には、20人は居なかったと思う。

日帰りドックは11時前後に帰っていく。

初めての一泊ドックの私はのんびりした時間を過ごすことになる。
詳しい中味は別にして、
少々無理すれば1日でも充分大丈夫というスケジュールを
2日間でこなすわけだから、のんびりしているのは当たり前で、
その分が料金にスライドする。
多分約3倍強。
それでも2年に1回は一泊二日を希望したいと思ったから、あとは
個人の考え方次第ということかもしれない。
一日目の終わりに保健師の説明(注意等)があった。
かなり高い評価。
文書で送られてきた結果は、到底そこまでは行かないことが記されている。
判定結果は、AからGまであり、昨年は「F」まであったが今年は「E」が最低。

他人事なので迷惑かもしれないが、ちなみに「E」は、血圧、脂質、糖尿。

自分のことなのでかなり甘く見ているが、そのほとんどが改善されての「E」である。
とりあえず「ほっと」一安心というところか。

いろいろな活動をするためにも、
遊ぶためにも、健康は絶対必要条件。

いまのところ、来年は一日ドックを、再来年は一泊ドックを受診することを予定している。

(理事 岩浪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください