Home > ブログ > 「変わらない」ことが、大切なものもある

「変わらない」ことが、大切なものもある

=「山形学」地域連携講座=「庄内ぼらんてぃあ塾<パートⅠ>」の打ち合わせで

 「しおん荘」に行ってきた。鶴岡市開催(3回目)の会場と、実践の場紹介の協力依頼の件である。
進藤正則荘長と布施裕子副荘長に対応していただいた。会場を貸していただくことと、当日施設内を案内してもらうことの快諾をいただいた。しおん荘を経営している「思恩会」は、長い歴史があり、福祉施設を「民設、民営」して頑張っている法人である。
 会話の中で、ボランティアの受け入れについて「県内でも最も早い段階からきっちり対応してもらっている」という問いかけに「いや、かなりいい加減ですよ」という答えが返ってきた。勿論、謙遜しての言である。言い換えると「柔軟に対応しています」ということだと理解した。柔軟に対応できるということは、人が替わってもボランティアに対する考え方が変わっていないから、別の言い方をすれば軸がぶれないからだといえる。
ボランティアの受け入れを始めて以来、ボランティアコーディネーターは、多分何十人も変わってきている。そのコーディネーターたちが、「つるの会」や「婦人会」、「個人」のボランティアを受け入れ続けている。法人の理念、ボランティアに対する考え方が、変わらないからとも言える。

(理事 岩浪)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://voluntas-npo.com/2009/08/01/2009/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「変わらない」ことが、大切なものもある from ぼらんたす:山形県鶴岡市ボランティアNPO法人

Home > ブログ > 「変わらない」ことが、大切なものもある

楽屋(貸館・カフェ・講座・生活支援)

ぼらんたすのブログ

ぼらんたすの活動報告

イベント:みんな違ってみんないい


やまがたこころげんきサイト


がんばろう東北!::東日本大震災関連情報をお伝えしています


講師派遣

ご入会の申込みはこちら

空色ストア
身体と環境にいいものづくりを目指す地元農家より
新鮮な商品をお届けします!

リレートーク

COCOサロン庄内

ボランティアコーディネーション力検定

2009年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Return to page top