お茶のみサロンの今後

ふれあいサロン(お茶のみサロン)

 私の住んでいる町内会は現在140世帯ほどで、市内中心部からは一寸離れたところにある。*高専があり、住宅造成地もあるので、もう少しは世帯数が増えそうな地域だが、高齢者や一人暮らしは結構多い。
そこにふれあいサロン(お茶のみサロン)ができてから7年目。毎回20人前後が参加する。なぜかそこの代表を仰せ付かった。前の代表者が事務局を担当してくれているので「名ばかり」代表に近いし、移り住んでまだ5年目なので、全員の名前も覚えていない。12月の忘年会サロンの折に、男性の参加者からこんな提案をうけた。「今の雰囲気がすごく良い。来ている人は幸せだが、問題は参加できなくなったらどうするかだ。一人で来れなくなったら車で送迎してでも参加できたらいいと思うが………」
 本人や家族の意向があるし、現在はまだそこまではやっていない。しかし、私は大賛成だと答えて、1月の挨拶の中でもそのことにふれた。お茶のみサロンの今後のひとつのあり方、方向だろうと思っている。誰が送迎して、誰が世話をするのか、地域におけるボランティア活動の受け皿になるのだろう。コーディネートのあり方も問われることになる。・・・しばらくは呆けられない。

*高専:鶴岡工業高等専門学校(山形県)

(理事 岩浪)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください