王祇祭(おうぎさい)を観能しました

500年の歴史を持つ黒川能

2月1日の王祇祭で黒川能(国重要無形民俗文化財)を
ぼらんたすメンバ-で観能しました

地元にいながら
王祇祭は、中々観ることのできないものの一つです
(観能を希望する方が多くて抽選なのだそうです)

王祇会館で受付をし
上座、下座の「凍み豆腐」をいただきました
こちら

見た目は、凍り豆腐とごぼうで同じように見えるのですが
味はそれぞれ違っていて、食べ比べができました\(^o^)/

それから
下座の当屋で振る舞いを受け

夕刻から幼児が勤める「大地踏」で黒川能が始まりました
式三番、続いて能5番、狂言4番が夜を徹して演じられます

翌朝まで続くのですが
ぼらんたすメンバーは、一人帰り、二人帰り
私も0時半くらいに帰ってきました

朝まで残っていた知人に聞いたのですが
途中でうどんが振る舞われたとのこと・・・
次回は、最後まで観能したいと思います
(うどんのためではありません)

いつも書いているのですが
地元の伝統や良いもの、良い所を本当に知りません

伝統の重みを知る機会になりました

機会をいただいたことに感謝です(^O^)/

*王祇祭(おうぎさい):詳しくはこちら

(kurihara)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください