【市民の参加と協働を進めるコーディネーション研究集会】B4分科会 参加者募集中!

[B4分科会]地域を基盤にした 協働のネットワークづくりを進めよう
~実践事例から考える、地域のこれから~

地域社会をベースに、多様な市民・住民団体やNPOなどが連携して、市民・住民が主体となって、地域の課題を解決し、豊かな地域の暮らしを創造していく。多くの地域で、その模索が進んでいます。しかし地域には、多様な歴史と特色をもつ既存組織がそれぞれに活動を積み重ねています。いずれも自団体の運営に追われ連携などをする余裕もないなど、その展開は容易ではありません。
この分科会では、このテーマに取り組む実践事例を共有し、多様な地域で、その地域にあった展開を進めるための鍵を探ります。

*参加対象は地域で多様な団体と連携しつつ、市民・住民主体で地域課題に取り組みたいすべての方

*事例発表者 戸田 幸典さん (丹波ひとまち支援機構 代表理事)
*事例発表者 栗原 穂子さん (ぼらんたす 理事)
*コメンテーター 竹端 寛さん (兵庫県立大学 環境人間学部准教授)

●詳しくは以下の専用サイトをご覧ください

お知らせ - jvcc2022 ページ!

研究集会(JVCC2022)参加者対象

●ぼらんたすの活動をご紹介させていただきます(Kurihara)